新アイテム入荷です。

新アイテム入荷です。

いつも谷沢木工ホームページをご覧いただきありがとうございました。

本日、冨士ファニチアを代表するソファ、「Koti」

1人掛けタイプが入荷しました。

非常にバランスのとれた綺麗なデザインです。

フレームはオーク材、張り生地はドイツ製のOGWHのコンビネーションで、
上品な印象に仕上げています。

この組み合わせは、現在展示しているワイド3人掛けソファと同じ組み合わせ。まとめて置くとリビングに贅沢な空間が広がります。

奥行きや高さはワイド3人掛けと同じですが、

肘と肘部分の間隔が程よくて、「安心でき、落ち着けるスペース」を生み出しています。

同じ仕上がりのスツールとの組み合わせにより、

更に快適にお使い頂くことができます。

座面には

Sバネ+チップウレタン+ポケットコイル+スモールフェザー

スツールフェザーのふんわりと包まれながらも、モチっとした硬すぎず柔らかすぎない

とても考え込まれた座り心地となっています。

背クッションには

スモールフェザーが100%使用されています。

しかも背クッションのフェザーバックはこの様に分割されています。

これが意外と重要で、

例えば、仕切りのない状態のフェザーバックですと、

重力でフェザーが下に偏ってきたり、使っている際に下に集まってしまいます。

そうすると、背中の当たる主要な部分に背クッションがフィットしなかったり、ソファのビジュアルも美しく無くなってしまいます。

Kotiソファの様にフェザーのお部屋を区切ってあげることにより、フェザーの偏りを最小限に抑えることができ、ソファのルックスもより良く保つことができるのです。

「フェザーの入っているソファはよくヘタる」

とよく耳にしますが、

「へたる」ではなく「かたよる」

では無いかと思っています。

偏りを感じた際や、ソファから離れる際はクッションをポンポンと叩き、

空気を含ませてあげると、綺麗な形に復元するでしょう。

※しかし、フェザーは天然素材です。一度羽軸に型がついてしまうと、
羽は復元力(弾力性的な)を失いフワッとしたフェザー独特の座り心地ではなくなります。特性を知り、きちんとソファメイキングしてあげることが大切です。

背面のフレームにもこだわりを持つKotiシリーズを手がけているのは、

鈴木一司 氏

1人掛けですが、物凄く存在感があります。

肘を掛ける幅も、片側で8センチずつあり、安心&落ち着ける重要なポイント。

いかがでしたでしょうか。
是非ご自分の生活スタイルに合ったソファを
お探しください。

そして、このソファの上で最高のひと時をお過ごし下さい。

ご来店お待ちしております。

〜ご紹介展示アイテム〜
Koti 1Pソファ
W760 D870 H830 SH420
オーク材CS色 張り生地OGWH

冨士ファニチアフェア開催期間
2021年10/4(MON)–11/3(WED)
※木曜日定休日です。
動きやすい服装、脱ぎ履きのしやすい靴でご来店ください。

また、午前中は比較的空いています。

カテゴリー: news