検品時にちょい見せです。

検品時にちょい見せです。

いつも谷沢木工ホームページをご覧いただきありがとうございます。

また、現在開催中のフジファニチアフェアにもお越し頂きありがとうございます。

お客様分で、そのフジファニチアのダイニングチェアが入荷しましたので、
検品時にちょっとご紹介いたします。

今期の新作ダイニングチェア「OWL」のフルアームタイプです。

ものすごく美しいデザインです。

デザインはKotiシリーズを手がけている鈴木一司氏

Kotiはおよそ15年前からあるロングセラーシリーズですが、

OWLは、その15年前には実現できなかった技術を使い作られています。

別の言い方をすると、最新型のKotiとでも言いましょうか。

並べて比べてみると、どことなく似ている雰囲気があります。

しかし座り心地やデザイン、身体への馴染み方は全然違います。

背当たりはnagiのチェアの様にフワッと面で支えてくれて、クッション性のある包み込まれる背当たり感で、座面はKoti張座の様にクッション性の高いモッチリとした上質な座り心地となっています。

そんな座り心地が良くて、デザイン性の高い最高のダイニングチェアを10脚ご注文頂きました。

ワーーオ

一度にこれだけの量のOWLをみれるのも珍しいですね

スタッフも驚きです。

椅子選びで1番重要な事は、座り心地です。

長くその場所にいたくなる、居ようと思う椅子が1番ですが、

椅子単体で見ても、美しくデザイン性がある椅子って良いですよね。

スタッフもお気に入りのチェアなので、お選び頂き大変嬉しいです。

丁寧に削られたフレーム部分。

切削に使っているのはイタリア製の機械だそうです。

手触りも抜群で、ずっと触っていたくなるほどちょー気持ちいいです。

肘掛け部分も逆三角形の様な形状の為、持ち運びの際に手にフィットします。

とても握りやすく便利ですね。

今回、フレームはオークのCS色。

お手入れのしやすさや、お客様の使用用途をふまえ張り地は合皮のブラックをご提案させて頂きました。

オークの重厚感ある仕上がりとクールで高級感のある合皮の組み合わせで綺麗に纏っています。

テーブルも、この椅子に合わせ特注のダイニングテーブルをオーダー頂きました。

椅子の裏に貼り付けるフェルトは40枚、地味な作業ですが大事なことです。

この度はありがとうございます。

カテゴリー: news