変形ソファの選択

変形ソファの選択

いつも谷沢木工ホームページをご覧いただきありがとうございます。

お客様分の商品を検品した際に写真を撮ったのでご紹介します

到着したのは、

トレスザソファテーラーのソファ「FSB」

トレスザソファテーラーとは

フレームの素材、底付き感を完全に無くす、耐久性のある高密度ウレタンを使用しているなど

全てにこだわりをもつ国産ソファメーカーです。

新築を機にソファをお探しだったお客様は、ご家族や将来ワンちゃんを飼われる予定があるとのことでした。

一緒にくつろげる、奥行きの深いソファをご提案させていただきました。

今回のこちらのソファの醍醐味はなんと言ってもこの「への字」型。

左に座っても、

反対側に座っても

自然と視線が中央に集まります。

肘掛け部分に背中をつけて、ソファ中央に向かいあうことでくつろぎながら会話しやすくなり

よりお話も弾みますね^^

ご来店時、設計図を拝見させていただきソファ背面部に動線を確保できることが分かりました。

ソファFSBは座面だけではなく、アーム部や背面にもお掛けいただくことができます。

FSBの魅力を存分に堪能できる配置ですね。

FSBソファはトレスソファで最も人気のソファ「GRVA」と同じ奥行きがあり、上がりこんでくつろいでいただけるソファです。

実際に座る座面奥行きは背クッションを置いて約83センチ。

背クッションを外すとなんと90センチもの奥行きがあります!

座面の上で足を伸ばしていただけるので、オットマンが必要ないんです。

普通に腰をかけても座面がとっても深く感じるので、サポート用に別機種の背クッションを追加させていただきました。

深海のようなインディゴブルーの生地と光沢のあるベロア調のマスタードカラーの生地との相性もバッチリ決まりました。

こちらのソファの張り生地は色にこだわりをお持ちのご主人たっての希望です。

触ると凹凸を感じるテクスチャーで肌触り抜群です!!

脚部はステンレス脚からガンメタのLD脚に変更され大きなソファ全体がキュッと引き締まりました。

ステンレス脚はモダンな雰囲気が強いと思われがちですが、床材と同化し意外と和のテイストにもマッチするのでおすすめですよ〜

脚の配置場所はトレスソファ専属デザイナーの「道畑」にお任せさせていただきました。

程よい距離感を保った配置ですね。

寝そべったり、足を伸ばして寛げたり。

今まで見てきたソファとは一味異なるソファが出来上がりました。

L型ソファが主流ですが、このホテルのエントランスにありそうな「への字」ソファも最高にかっこいいな〜

お客様の商品を見るとお店で展示したくなるんですよね〜

ご納品が楽しみです!

この度は誠にありがとうございます。

今回ご紹介ソファ

トレスザソファテーラー:FSB 台形ワンアームタイプ 1.5P (左右肘)

サイズ:W1650 D1100 H800

カテゴリー: news