あぐらのかけるソファ Part①

あぐらのかけるソファ Part①

いつも国産ソファ・家具専門店 和歌山の谷沢木工ホームページをご覧いただきありがとうございます

前回の記事で

“ソファとは寛ぐためのアイテム“

とご紹介させていただきました。

では

谷沢木工にくつろげるソファはあるのでしょうか。

“あぐらをゆったりかくことができるのか“

“寝転べるのか”

に焦点を当ててご紹介いたします。

今回ご紹介ソファは、

⬛︎ Fuji Furniture “nagi“

展示サイズは3Pソファ、幅196センチモデルです。

とってもボリューミーで存在感のあるルックスです。

フジファニチャー社の中でも1、2を争う人気モデルです。

実際にあぐらをかいてみます。

ソファ nagiの全体の奥行きは「96センチ」

実際に座る座面奥行きで 「約66センチ」

背クッションの角度も緩やかについているため少し沈み込みます。

スタッフの身長は174センチですがゆったりとあぐらをかくことができました。

特に、“座面から足が落ちそうだから少しお腹の方に引き寄せなきゃ〜“

とも思わず座ることができました。

ゆったりと座れました。

もたれかかるのも悪くありません。

肘クッションがフェザー100%で作られています。

フレームに直接当たらずに肘あたりも絶妙です。

これリラックスできるなー。

楽な体勢は人によりますが

お姉さん座りでもゆったり快適の広さです。

背クッションもフェザー100%です。幅広でしっかりサポートされるのを感じます。

そして寝転んでみました。

私は家でこんな感じです。

肘クッションが良い感じに枕の役割を担っています。

が、私には少し低く感じました、もう少し体勢を起こした方が本やスマホを注視しやすいかもです。

低さを感じる方はオプションのクッションを追加されても良いかもしれませんね。

十分リラックスできる広さがあります。

座クッションには

フェザー+ポケットコイル+ウレタン

を使用しています。

底付き感などなく快適に寝転ぶことができます。

寝転がっていると、

ソファ一台を占領してしまう場合があり

“ご家族が座れない問題“が発生しますので

オットマンを使用し真っ直ぐ寝転びましょう。

プラスアルファは必要になりますが、十分にくつろげるオススメアイテムです。

頭を支えるヘッドレストを使用しより快適性をアップすることも。

このソファなら床に座る必要はなさそうですね。

快適&幸せに使えるソファです!

ボリュームタップリのクッションを支えているのは

ウッドフレーム。

お店にあるサイズは3人掛け、幅196センチです。

実はワイド3人掛けと呼ばれるもう一回り大きいソファもあります。

ワイド3人掛けソファは幅226センチ。

究極にリラックスできる

贅沢1人掛け仕様もラインナップされています。

きちんと寛げるソファ“nagi“

9/16(金)より始まるフジファニチャーフェアで

実物を体感してみてください。

カテゴリー: news