−福井へ−

−福井へ−

いつも谷沢木工ホームページをご覧いただき誠にありがとうございます。

朝晩は冷え込む西田井です。

そろそろダウンジャケットが必要な時期ですね。

本日は番外編、グルメレポートです。

先日用があってに日本海側へ足を運んだ際に

武生製麺 越前そばの里 

へ寄りました。

ここは福井県です、たけふ と読むそうです。

道の駅のような建物で、

お土産を販売しているところや蕎麦打ち体験ができる施設です。

せっかく日本海側に来た(滅多に寄ることがない)ので

名物のそばを食べてみました。

施設内にある “越前屋“ さんで。

注文したのは1番人気の

“ふくいセット

おろしそば・ソースカツ丼・味噌汁・漬物がついてきます。

このそばが目当て、武生(たけふ)製麺は自家栽培、自社製粉で引き立ての蕎麦粉を

使用したおそばです。

食堂のすぐ裏には工場があり窓越しに見学ができます。

エッジの効いたコシのあるお蕎麦を初めて食べました、歯で「ぷつぷつ」と髪切れる感触が

口の中で感じるほどです。

冷たいお蕎麦に辛くないまろやかなオロシが乗っているのでかき混ぜて食べます。

全体的に私には味が少し薄く感じたので、もう少し濃いめでもよかったかもしれません。

(関西人丸出しですね。)

そして福井名物

“ソースカツ“

道の駅や道中のサービスエリアにチラホラソースカツのタレが売っていました。

福井ではソースカツ丼が名物らしいです。

薄めの脂少なめ、衣薄めのサクサクカツをソースカツ丼のソースに潜らせています。

少し甘めのタレはご飯がススみます。

良いボリュームの組み合わせで腹パンです。

代表は10月から11月11日までの限定ランチを注文

うまいと言ってこちらも完食していました。

蕎麦の味はまずは原料で決まる

と言っても過言ではないそうで。

お昼時に伺い他府県からもたくさん来られていました。

本場の味に満足です。

タニログと評し、今回のランチを10段階中で評価するならば

7.9点

(あくまで個人的な点数です。)

誰かが気に入ってお店に商品を見にきてくれたら嬉しい。

そう思っていつも家具やインテリアに関連した内容を記事にアップしていましたが、

ソファや椅子、フレグランスの記事しかアップしないことにずっと疑問を感じていました。

これからは出先や、地元のお店のご紹介をちょこちょこご紹介できればと思っています。

(もちろんお食事処だけでなくショップさんなども)

県外からのお客様も増えてきましたので、少しでも谷沢木工のある和歌山を知ってもらえればと思います!

カテゴリー: news